明治32年の台風

災害年月日
1899年07月09日
市町村
徳島県阿波市(市場町)
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)7月9日、県下大暴風雨により大洪水。片岡侍従が被害状況視察。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大俣村誌編纂委員会編「大俣村誌」(大俣村、1955年)、442頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水
NO.
徳島1691

よく似た災害

明治32年8月の台風

明治32年(1899)8月28日、暴風雨により、加茂村で倒家15戸、怪我人2人、死者1人。9月5日、水害視察のため片岡侍従が通行。(「大西夘平日誌」に... 続きを読む

明治26年の台風

明治26年(1893)10月14日、台風により、雨量192ミリを記録。四国地方の被害甚大、特に東予地方甚だし。両陛下、片岡侍従を差し遣わし視察せらる。... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月29日、銅山流れ。大暴風雨により、人家の倒壊多く、井川町では倒家による圧死者2人。井内吹では40戸のうち13戸倒壊。宮中より... 続きを読む

明治26年の台風

image

明治26年(1893)10月14日、四国を西から東に通過した台風により、被害甚大。禎瑞及び神拝地域の堤防大壊滅。明治天皇の命により、片岡侍従が慰問のた... 続きを読む

明治26年の風水害

明治26年(1893)10月、風水害あり、東予殊に甚だし、聖上片岡侍従差遣、救恤金千円を賜う。(「愛媛県誌」による)/立岩川堤防決潰被害。(「見聞録」... 続きを読む