大正元年の洪水

災害年月日
1912年09月23日
市町村
徳島県阿波市(市場町)
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月23日、豪雨、暴風により吉野川洪水となり、堤防決壊。阿波北山より南山まで見通して濁水満々。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大俣村誌編纂委員会編「大俣村誌」(大俣村、1955年)、442頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 暴風 洪水 吉野川 堤防決壊
NO.
徳島1693

よく似た災害

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日、豪雨暴風、吉野川洪水濁水満々。 続きを読む

慶応2年の寅の水

慶応2年(1866)8月1日~7日、寅の水。「板野郡誌」では「吉野川下流において、阿波の北山から南山まで濁水のため一つの屋根も見えなかった」と語り伝え... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日夕方から、本格的な台風となり、北井上村では村民は屋内に閉じこもった。夜半頃になると、濁水が押し寄せてきて、床下から床上に... 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月1日より7日までの霖雨により、7日夕には大水となった。阿波国内の河川はことごとく未曾有の大氾濫となり、ほとんど各郡が浸水し、人... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)8月24日、大暴雨により、富田村では河川が決壊し、宮川橋、爛川橋、石川橋、落合橋が落ち、富田中で堤防決壊180間、道路決壊2箇所6... 続きを読む