大正4年の風害

災害年月日
1915年00月00日
市町村
徳島県阿波市(市場町)
災害種類
風水害  
概要
大正4年(1915)、西のカラ風吹き続き、空穂となり、稲作は全滅的大被害を受けた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大俣村誌編纂委員会編「大俣村誌」(大俣村、1955年)、442頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風害
NO.
徳島1694

よく似た災害

大正9年7月の洪水

大正9年(1920)7月29日、一本松村で大洪水となり、田畑の流失68町歩、死者1人の被害が出た。一本松村では、大正2年(1913)の洪水で被害を受け... 続きを読む

大正3年の多雨

大正3年(1914)、暖冬と多雨のため、麦作は明治36年(1903)に次ぐ被害を受けた。 続きを読む

大正8年の豪雨

大正8年(1919)7月4日、南予で100ミリ前後の降雨となり、水害を受けた。 続きを読む

昭和25年のキジア台風

昭和25年(1950)9月、キジア台風により、稲作は大被害を受けた。村の生産目標の2割5分、また風害に誘発された病虫害を加えて、村の耕地の4割4分が被... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)秋、暴風雨により、開花期の稲作が全滅に近い被害を受けた。 続きを読む