昭和29年の台風12号

災害年月日
1954年09月13日
市町村
徳島県阿波市(市場町)
災害種類
風水害  
概要
昭和29年(1954)9月13日午後九州南端に上陸した台風12号により、八幡町では同日朝から雨が降り出した。14日明け方には雨は止んだが、吉野川は刻々増水し、14日午前9時頃には粟島は満々たる水に蔽われて水底に没した。高さ7mにも及ぶ北岸堤防も、大野島橋の真北では水位5m70cmを示し、西方の六十間堤では堤防面下は残り1mにも足りない状態であった。六十間堤は外側に漏水する箇所が60箇所も生じたので、9時頃に警鐘が打たれ、付近の男子が参集して応急補強工事を施した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
八幡町史編纂委員会編「八幡町史」(八幡町、1955年)、335-336頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 増水 大野島橋 六十間堤 応急補強工事
NO.
徳島1705

よく似た災害

昭和10年の台風

昭和10年(1935)9月24日、前日来の風雨で、風浪はますますつのり、24日午前3時頃に北東の激浪が狂奔し、桟橋の動揺が最も激しくなった。長浜救難所... 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月9日の台風9号は豪雨をもたらし、9日午後11時20分、仁淀川大橋の中島では水位が11mに達した。また、10日午前零時過ぎ、高... 続きを読む

天明2年の強風・干ばつ

天明2年(1782)5月、強風により、麦は実る前にほとんど倒れて、収穫は反当2斗(30kg)にも足りなかった。田植えはできたが、この夏100以上干天が... 続きを読む

明治32年7月の台風

明治32年(1899))7月4日降り始めた雨は、6日午前1時頃から暴風雨となり、11時頃に風が静まり、12時頃には風が止んだ。河水は平水より約3丈の増... 続きを読む

昭和47年の台風20号

昭和47年(1972)9月16日、台風20号が降らせた大雨により、曽江谷川が氾濫、午後5時頃、夏子で山崩れがあり、国道193号が通行止めとなり、午後9... 続きを読む