宝暦4年の水害

災害年月日
1754年00月00日
市町村
徳島県海陽町(海部町)
災害種類
風水害  
概要
宝暦4年(1754)、風水害により海部川の水位が1丈増し、吉野、多良、大井、富田、野江、高園の田地は川となった。吉野3人、大井1人、芝1人、高園2人が流失し、牛馬30匹が流失した。(「野村文書」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大石修一編「奥浦誌」(奥浦部落、2006年)、55頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 海部川 死者 野村文書
NO.
徳島1710

よく似た災害

宝暦4年の水害

宝暦4年(1754)8月28日昼四ツ時、海部川の水位が川底から1丈8、9尺上昇し、姫、能山、大井、吉野、高園で人家が多数流失した。高園村では20人が浦... 続きを読む

明治25年の水害

明治25年(1892)、宍喰川のあめやばりの堤が切れて、正梶の田が流失し、宍喰川橋が流失した。 続きを読む

宝暦4年の洪水

宝暦4年(1754)8月、千年にも之なき大水。(「野村文書」による)/秋、風雨、洪水。(「徳島年表」による) 続きを読む

宝暦4年の洪水

宝暦4年(1754)8月、千年にも之なき大水。(「野村文書」による)/秋、風雨、洪水。(「徳島年表」による) 続きを読む

宝暦12年の水害

宝暦12年(1762)、四万十川の水害のため、8人が犠牲になった。 続きを読む