享和2年の大火

災害年月日
1802年00月00日
市町村
徳島県牟岐町
災害種類
火災  
概要
享和2年(1802)、大火により浦中残らず焼失。(「山田家文書」による)これにより防火線のため、東浦には七間町ができた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
牟岐町史編集委員会編「牟岐町史」(牟岐町、1976年)、933頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 東浦 山田家文書
NO.
徳島1719

よく似た災害

享和2年の大火

享和2年(1802)、牟岐町で大火、浦中残らず焼失。(牟岐町「山田家文書」による) 続きを読む

享和3年の大火

享和3年(1803)8月9日午前2時、壬生川村で大火があった。火災の発生地区は現在の高橋町、仲之町で、総戸数の三分の一の109軒を焼失し、約600人が... 続きを読む

享和3年の大火

享和3年(1803)8月9日夜丑刻、壬生川村で大火があり、109軒が焼失したため、幕府に届けたという記録がある。 続きを読む

元暦元年の洪水

image

元暦元年(1184)5月1日、大洪水のため、満濃池の堤防が決壊した。この時以降、満濃池は修築されることなく、池地には池内村と呼ばれる集落ができた。(「... 続きを読む

昭和53年の干ばつ

image

昭和53年(1978)、小豆島3町が大干ばつに見舞われたが、時間給水で切り抜けることができた。これは殿川ダムの効用と適切な管理のおかげであった。 続きを読む