文政5年の大火

災害年月日
1822年04月12日
市町村
徳島県牟岐町
災害種類
火災  
概要
文政5年(1822)2月21日午刻。中村民家より出火、牟岐浦に移り325戸焼失、未下刻、中村下ノ町花やにて鎮火。この時、昌寿寺も焼失した。この火災をサブキチ焼という。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
牟岐町史編集委員会編「牟岐町史」(牟岐町、1976年)、933頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 中村 牟岐浦 昌寿寺 サブキチ焼
NO.
徳島1720

よく似た災害

文化10年の大火

文化10年(1813)、中村及び西浦全部が焼失。この火災を雄どり焼という。 続きを読む

昭和4年の大火

昭和4年(1929)4月、四万川六丁で大火、バイタイ寺も焼失した。 続きを読む

文政8年の大火

文政8年(1825)3月20日正午、椿泊浦で出火し、午後6時に鎮火した。この火事で、泊浦の戸数の半ば117軒が焼失した。(「阿波年表秘録」による) 続きを読む

文政4年の大火

文政4年(1821)12月2日、宍喰浦より出火し、206軒が焼失した。 続きを読む

正保4年の大火

image

正保4年(1647)、壬生川村で大火があり、全戸数の6割が焼失し、鷺守神社の足利尊氏献上の太刀・鎧・朱印状や鷺森城の一の木戸、二の門も焼失したと言い伝... 続きを読む