寛文2年の大火

災害年月日
1662年00月00日
市町村
徳島県海陽町(海部町)
災害種類
火災  
概要
寛文2年(1662)、南町方面に大火。万照寺焼失。(「万照寺記録」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
海部町史編集部編「海部町史」(海部町教育委員会、1971年)、178頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大火 万照寺
NO.
徳島1722

よく似た災害

寛文5年の大火

寛文5年(1665)、東町で大火。前年残った大半が焼失。観音寺焼失。(「観音寺記録」による) 続きを読む

寛文7年の大火

寛文7年(1667)2月3日午後3時、出火し、町方九ヶ丁ほとんど焼失、裏町一丁目のうちわずかに残すのみという大火となった。藩は御救米を与えて救済した。... 続きを読む

寛文8年の大火

寛文8年(1668)3月3日、久礼浦分で大火、民家150戸焼失。 続きを読む

寛文7年の大火

寛文7年(1667)12月14日、大火があり民家50余戸が焼失した。 続きを読む

明和3年の大火

明和3年(1776)、鞆浦立岩民家より出火、善称寺焼失。(「善称寺記録」による) 続きを読む