宝暦4年の水害

災害年月日
1754年10月14日
市町村
徳島県海陽町(海部町)
災害種類
風水害  
概要
宝暦4年(1754)8月28日昼四ツ時、海部川の水位が川底から1丈8、9尺上昇し、姫、能山、大井、吉野、高園で人家が多数流失した。高園村では20人が浦で死亡し、吉野村からも3、4人が家に乗ったまま流された。村々の牛馬は多数流死した。(「木内家記録」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
海部町史編集部編「海部町史」(海部町教育委員会、1971年)、246-247頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水害 海部川 死者 木内家記録
NO.
徳島1730

よく似た災害

宝暦4年の水害

宝暦4年(1754)、風水害により海部川の水位が1丈増し、吉野、多良、大井、富田、野江、高園の田地は川となった。吉野3人、大井1人、芝1人、高園2人が... 続きを読む

昭和18年7月の水害

昭和18年(1943)7月21日~25日、豪雨のため、南宇和郡内一帯は大被害を被った。御荘町では観栄橋付近で土手が崩れ、和口橋、観栄橋ともに流され、田... 続きを読む

宝暦12年の水害

宝暦12年(1762)、四万十川の水害のため、8人が犠牲になった。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震により、土佐の国では海嘯のため2,000人が死亡したと言われる。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時過ぎ、大地震が起こった。津波により高知市の東部で2千町歩の水田が埋没した。また、中村市街地の被害が甚大で、中... 続きを読む