大正13年の大火

災害年月日
1924年03月00日
市町村
徳島県美波町(由岐町)
災害種類
火災  
概要
大正13年(1924)3月、阿部の東谷で大火が発生した。当時15歳であった当事者は、校長先生の指示で、10km離れた三岐田役場に消火の応援依頼のために走った。火事の原因は、ある家で法事の揚げ物をつくっていての失火であったという。(濱行長利氏談)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
由岐町史編纂委員会編「由岐町史 上巻<地域編>」(由岐町、1985年)、175-176頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 阿部
NO.
徳島1732

よく似た災害

大正7年の大火

大正7年(1918)1月12日午前2時、馬場から出火し、近隣に類焼して7戸が全焼し、午前7時に鎮火した。原因は提灯の火であったと言われている。地元はも... 続きを読む

昭和25年2月の大火

昭和25年(1950)2月19日(旧正月3日)、奈半利町東浜で大火、111戸焼失。原因は残り火の不始末であった。(高知新聞による) 続きを読む

大正12年の山崎の大火

大正12年(1923)3月、山崎神社付近の農家7戸が延焼した。汽車の火の粉が原因であった。この時、焼けていない家を壊して類焼を防ぐ「破壊消防」が行われ... 続きを読む

大正12年の山崎の大火

大正12年(1923)3月、山崎神社付近の農家7戸が延焼した。汽車の火の粉が原因であった。この時、焼けていない家を壊して類焼を防ぐ「破壊消防」が行われ... 続きを読む

昭和2年1月の大火

昭和2年(1927)1月31日夕方、下田青砂島から出火し、当初は無風であったがやがて西風強くなり、東部に延焼し、青砂島の全家屋約350戸のうち70~1... 続きを読む