明治26年の大火

災害年月日
1893年02月09日
市町村
徳島県美波町(由岐町)
災害種類
火災  
概要
明治26年(1893)2月9日夜半過ぎ(午前2時頃)、東由岐の上町の民家から出火し、北風にあおられて延焼した。古老の話では、火事は20時間あまり燃え続けた。当時の東由岐の戸数200戸位のうち、この火事で80戸余が焼けた。 なお、昭和50年に民家が改築のため基礎工事中に、地下40cm余のところから多数の焼きぎれが一帯の層になって掘り出された。この大火を実証する貴重な資料として現在も公民館に保存されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
由岐町史編纂委員会編「由岐町史 上巻<地域編>」(由岐町、1985年)、357-359頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 東由岐
NO.
徳島1733

よく似た災害

明治45年の大火

image

明治45年(1912)1月、下都呂から出火し、西風にあおられて燃え広がり、人家約60戸、集落の約80%を焼失した。この火事で、宝泉寺ご本尊の奇跡が伝え... 続きを読む

康安元年/正平16年の南海地震

image

康安元年/正平16年(1361)6月24日、南海地震、津波が発生した。この冊子には、正平南海地震に関する石碑等として、美波町東由岐の「康暦碑」、西の地... 続きを読む

元禄11年の大火

元禄11年(1698)10月6日午の刻(正午)頃、北奉公人町1丁目から出火し、西風にあおられて大火となった。「南路志」ではこの火事で町中でやっと13軒... 続きを読む

昭和10年の中藤川の大火

昭和10年(1935)3月14日午後1時30分、父野川地区中藤川の山林から出火し、北西の強風にあおられ、20分間に21戸の草葺の住家と17戸の非住家を... 続きを読む

昭和10年の中藤川の大火

昭和10年(1935)3月14日午後1時30分、父野川地区中藤川の山林から出火し、北西の強風にあおられ、20分間に21戸の草葺の住家と17戸の非住家を... 続きを読む