昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年09月21日
市町村
徳島県美波町(由岐町)
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)9月21日未明に来襲した室戸台風は、町内全域に大きな被害をもたらした。東由岐の公民館には、昭和10年に建立された青年会館再建記念碑が立っている。 西由岐では、風速60mの暴風雨に雨戸は弓なりに曲がり、家族が畳で押さえていた。由岐小学校は講堂だけ残して全部倒壊した。(船越昌明記)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
由岐町史編纂委員会編「由岐町史 上巻<地域編>」(由岐町、1985年)、359-361頁及び575-576頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
室戸台風 東由岐公民館 再建記念碑
NO.
徳島1734

よく似た災害

昭和13年の台風

昭和13年(1938)9月4日、暴風雨が来襲し、県下の死傷者は18人、家屋の倒壊49戸、浸水家屋1,109戸に及び、香東川も大洪水となって、関にかかっ... 続きを読む

昭和13年の台風

昭和13年(1938)9月4日、暴風雨が来襲し、県下の死傷者は18人、家屋の倒壊49戸、浸水家屋1,109戸に及び、香東川も大洪水となって、関にかかっ... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日午前4時半頃、室戸台風は奈半利町加領郷付近に上がり、室戸岬測候所では風速66mで、世界的記録の大暴風であった。その時、満... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が海部郡沿岸を北上し、由岐町は大被害を受けた。室戸台風の襲来時に家の大黒柱がギシギシと左右に揺れる中、母が「ホ... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日午前5時頃、台風が室戸岬西方に上陸した。室戸岬測候所では午前5時10分に最低気圧684ミリを観測した。これは陸上で観測さ... 続きを読む