昭和6年の水害

災害年月日
1931年09月26日
市町村
徳島県海陽町(宍喰町)
災害種類
風水害  
概要
昭和6年(1931)9月26日、宍喰川支流の北川右岸田中の堤防が30m、左岸芥附の堤防45mが決壊した。 復旧工事は、県費補助金の残額は地元関係者の寄付を条件に、地元請負によって施行された。工事費は777円で、うち県費補助金282円、残り495円は地元25人が負担した。おそらく地元の人々は、出役することにより寄付に代えたことであろう。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宍喰町教育委員会編「宍喰町誌 上巻」(宍喰町教育委員会、1986年)、650頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水害 宍喰川 北川 堤防決壊
NO.
徳島1738

よく似た災害

昭和12年の水害

昭和12年(1937)、宍喰川の旧正梶堰下の左岸堤防が決壊した。宍喰川幹流は準用河川となっていたため、堤防工事費4千円は県費支弁で施行され、川幅も広げ... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日、洪水により、北島村では旧吉野川・今切川の堤防が各所で寸断された。最低地部の老門・太郎八須地区では、川から潮水が流入する... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日未明、紀伊水道を震源地とした南海地震が起こった。渭東地区では神社の灯籠が倒れた程度で、家屋の倒壊、人畜の被害はなかっ... 続きを読む

大正12年の石灰山の崩壊

大正12年(1923)6月21日、長雨によって小大下の石灰山が崩れ、人家の埋没15戸、半壊5戸、圧死者2人の被害が出た。河川14箇所340間、道路2箇... 続きを読む

万延元年の風水害

万延元年(1860)7月11日夜、風雨、津波あり、潮が押し寄せ、田地30町余に損害が及んだ。直ちに仮汐留堰を作るように、関係する平石、加賀須野、大松の... 続きを読む