安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
徳島県つるぎ町(貞光町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月5日、大地震により町内の墓地や庚申塔が倒れたと伝えられている。町内の至る所で、山畑の崩壊があったものと思われる。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
貞光町史編集委員会編「貞光町史」(貞光町、1965年)、1114頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政南海地震
NO.
徳島198

よく似た災害

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日、南海地震が発生し、津波が起こった。このため、那賀川河口の中島港は大破し、辰巳新田では60cmの地割れができたところもあ... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)、南海地震津波が発生した。歴史津波の再現計算には、過去に存在しなかった海岸構造物等を除いた現況の地形データが用いられているが、過去... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日午後5時頃から空前の大地震が起こった。大西藤太の「大地震荒増記」には、夕食の支度をしたり、食事をしている最中に大地震が起... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日午後5時頃から空前の大地震が起こった。大西藤太の「大地震荒増記」には、夕食の支度をしたり、食事をしている最中に大地震が起... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日午後4時大地震が起こり、午後5時頃大津波があり、人々は西福寺や岡地の藪の中に避難したが、強震のため歩行も困難で、空飛ぶ鳥... 続きを読む