明治24年の洪水

災害年月日
1891年08月16日
市町村
徳島県海陽町(海南町)
災害種類
風水害  
概要
明治24年(1891)8月16日、洪水によりかねてから憂慮していたように人家及び農作物に大きな被害が出た。(池内徳蔵「諸経歴概要記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
海南町史編さん委員会編「海南町史 上巻」(海南町、1995年)、573頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 池内徳蔵 諸経歴概要記
NO.
徳島1775

よく似た災害

明治25年の洪水

明治25年(1892)7月25日、長時間の暴風雨と満潮が重なって、海部川は至る所で堤防が決壊し大洪水となった。16時間にもわたる暴風雨で増水した海部川... 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月から6月にかけて長雨が続き、西村の農作物に大きな被害が出た。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月23日から8月15日まで、雨らしい雨がなく、農作物に大きな被害が出た。各地で雨乞いや念仏踊りもしたが、特記すべき干ばつの年で... 続きを読む

昭和45年の長雨

昭和45年(1970)、長雨が6月10日まで続き、日照不足のため、農作物に大きな被害があった。 続きを読む

昭和26年の大雪

昭和26年(1951)2月14日、豪雪により、島内の県道・主要道路が不通となり、農作物に大きな被害があった。 続きを読む