明治35年の洪水

災害年月日
1902年10月15日
市町村
徳島県海陽町(海南町)
災害種類
風水害  
概要
明治35年(1902)10月15日、海部川洪水、堤防決壊、伊勢田橋流失。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
海南町史編さん委員会編「海南町史 上巻」(海南町、1995年)、588頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 海部川 堤防決壊 伊勢田橋
NO.
徳島1777

よく似た災害

昭和13年の洪水

昭和13年(1938)9月5日、海部川洪水、堤防決壊。 続きを読む

明治35年の洪水

明治35年(1902)8月21日、海部川洪水、吉野住民堤防防護に狂奔。 続きを読む

大正8年の洪水

大正8年(1919)4月24日、海部川洪水、相川橋流失、奥浦水越し3尺、交通途絶。 続きを読む

明治40年の洪水

明治40年(1907)9月15日、海部川洪水、浸水の家屋28戸、田畑700町歩、平井山腹崩壊。 続きを読む

明治36年の洪水

明治36年(1903)7月7日、海部川洪水、浅川川東間建設直後の道路50間崩壊。 続きを読む