明治32年の台風

災害年月日
1899年07月09日
市町村
徳島県石井町
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)7月9日、大暴風雨洪水、「牛の島」にて堤防決潰、本村濁流氾濫、農作物3割2分減収。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高川原村史編纂委員会編「高川原村史」(高川原村史編纂委員会、1959年)、104頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 牛島 堤防決壊
NO.
徳島1803

よく似た災害

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月8日、吉野川大洪水。麻植郡牛島村で吉野川決潰、江川が本流となり破堤部から石井へ向かって濁流が押し寄せ、浦庄、高原、高川原が泥... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)秋、大暴風雨により農作物の減収甚大。住民は草根、樹皮をとって食とした。 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月26日、暴風雨、堤防決潰、流失79戸、倒家20戸。 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月9日、牛島堤防決潰。 続きを読む

明治25年の洪水

明治25年(1892)9月23日、吉野川堤防決潰。 続きを読む