大正10年の火災

災害年月日
1921年01月15日
市町村
徳島県石井町
災害種類
火災  
概要
大正10年(1921)1月15日、高川原大南郷より出火、おりからの南東風にあおられ11戸焼失。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高川原村史編纂委員会編「高川原村史」(高川原村史編纂委員会、1959年)、105頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 高川原
NO.
徳島1806

よく似た災害

明治45年の火災

明治45年(1912)5月18日午前10時、内川内(下名)から出火し、南東の強風にあおられ飛び火して16棟が焼失した。当時の損害見積額は7,000円と... 続きを読む

昭和53年の五瀬山の火災

昭和53年(1978)2月19日午後1時14分、五瀬山の北西側麓のブドウ畑から出火し、強風にあおられ燃え広がった。午後6時40分に火の勢いは南に移り、... 続きを読む

明治25年の火災

明治25年(1892)1月20日午後4時頃、岩倉新町の民家から出火、西風にあおられ、脇町新町に延焼、合計13戸が全焼した。 続きを読む

元治元年の火災

元治元年(1864)、加茂の稲持から出火し、強い西風にあおられて、貞広、金川まで延焼し、20数戸が焼失したと言われている。(伊原正市談による) 続きを読む

宝暦6年の火災

宝暦6年(1756)12月11日夜五ツ時(午後8時)、法恩寺で火事があり、西風にあおられ、家30軒が焼けた。 続きを読む