寛文9年の洪水

災害年月日
1669年07月18日
市町村
徳島県石井町
災害種類
風水害  
概要
寛文9年(1669)6月21日の洪水で、伊月村(現阿波市)から多祁経津神社が上浦村に流れ着く。(「浦庄村史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
石井町史編纂会編「石井町史 下巻」(石井町、1991年)、323頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 伊月村 上浦村 多祁経津神社 浦庄村史
NO.
徳島1832

よく似た災害

寛文9年の洪水

寛文9年(1669)6月21日の洪水で、伊月村(現阿波市)から多祁経津神社のご神体と延宝2年の棟札が本村上浦村に流れ着いたと「多祁経津御由来記」に記さ... 続きを読む

明治25年9月の洪水

明治25年(1892)9月23日、大降雨大洪水、吉野川堤防決潰。(「高川原村史」、「浦庄村史」による) 続きを読む

大正7年の洪水

大正7年(1918)7月12日、台風で飯尾川出水、水稲に被害。この年は7月29日、9月10日にも暴風雨。(「浦庄村史」による) 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)9月8日、洪水により、土成村樫原谷が崩壊し、山津波を起こして、人家が流失し、死者数人が高畑に流れ着くという悲惨事があった。この時... 続きを読む

元禄5年の洪水

元禄5年(1692)、仁淀川の大洪水により、宮ヶ奈路の戸別神社が流失する。(「吾北村史」による) 続きを読む