文政8年の洪水

災害年月日
1825年09月26日
市町村
徳島県石井町
災害種類
風水害  
概要
文政8年(1825)8月14日、夜半より昼頃まで大雨、夜に入り殊の外の洪水。(「かどや日記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
石井町史編纂会編「石井町史 下巻」(石井町、1991年)、323頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 かどや日記
NO.
徳島1837

よく似た災害

文政8年の洪水

文政8年(1825)8月13日夜半より14日昼頃まで車軸を流す程の大雨、夜に入り殊の外の洪水、風は中風で大いたみこれなし。徳島山手などは山潮の様子に候... 続きを読む

文政8年の洪水

文政8年(1825)8月13日夜半より14日昼頃まで車軸を流す程の大雨、夜に入り殊の外の洪水、風は中風で大いたみこれなし。徳島山手などは山潮の様子に候... 続きを読む

文政11年の洪水

文政11年(1828)7月1日、風雨激しく、夜より2日に至り大水。(「かどや日記」による) 続きを読む

文政12年7月の洪水

文政12年(1829)7月17日、明方より大雨、昼夜降り通し、18日未明より丑寅(北東)の風吹き出す。(「かどや日記」による) 続きを読む

文政9年の洪水

文政9年(1826)5月21日未明より大雨になり、八ツ時より大風に、大しけ大水。(「かどや日記」による) 続きを読む