天保7年の洪水

災害年月日
1836年09月22日
市町村
徳島県石井町
災害種類
風水害  
概要
天保7年(1836)8月12、13日大降り。夜半過ぎより東風しけと成る。(「かどや日記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
石井町史編纂会編「石井町史 下巻」(石井町、1991年)、324頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 かどや日記
NO.
徳島1844

よく似た災害

天保14年の洪水

天保14年(1843)7月6日未明よりごく大降り、7日夜5ツ時出水。(「かどや日記」による) 続きを読む

天保6年の洪水

天保6年(1835)7月23日朝より降り出し、大野分と相成、夜半頃大水。(「かどや日記」より) 続きを読む

天保10年の洪水

天保10年(1839)8月8、9日昼夜大降り、晩九ツ時より大風吹き出し、10日朝より出水。(「かどや日記」による) 続きを読む

文政9年の洪水

文政9年(1826)5月21日未明より大雨になり、八ツ時より大風に、大しけ大水。(「かどや日記」による) 続きを読む

天保5年の台風

天保5年(1834)8月6日、昼頃より余程降り出し、風に次第に大雨に相成り、夜半頃止む。2,30年以来の大風。(「かどや日記」より) 続きを読む