慶応2年の寅年の水

災害年月日
1866年09月14日
市町村
徳島県石井町
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)8月6日、連日豪雨「寅年の大水」大洪水により各地で堤防決壊。(徳島県災異誌」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
石井町史編纂会編「石井町史 下巻」(石井町、1991年)、324頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
寅年の大水 堤防決壊 徳島県災異誌
NO.
徳島1848

よく似た災害

慶応2年の寅の水

慶応2年(1866)8月5日、連日の豪雨、「寅年の大水」という。大洪水により、藍住町東中富、応神村西貞方、徳島市川内の各地で堤防決壊。(吉野川治水年表... 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月15日、暴風雨により、土佐水が起こる。吉野川上流地域で豪雨があり、吉野川が氾濫する。宮川内谷川の引野入戸で堤防決壊55m、七... 続きを読む

天保14年の洪水

天保14年(1843)7月5日より三日間豪雨、大洪水により、7日、吉野川の堤防決壊して大災害になった。「七夕水」という。(「徳島県災異誌」、「徳島県史... 続きを読む

寛文2年の風雨

寛文2年(1662)6月29日、大風雨により、各地で洪水。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等による) 続きを読む

明治11年の風雨

明治11年(1878)9月7日、大風雨により、那賀川堤防決壊、被害大。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等... 続きを読む