明治3年の台風

災害年月日
1870年10月03日
市町村
徳島県石井町
災害種類
風水害  
概要
明治3年(1870)9月9日、大暴風、吉野川、鮎喰川氾濫し大洪水となる。牛島堤防が決潰。林基茂自宅床上3尺。(「林家記録」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
石井町史編纂会編「石井町史 下巻」(石井町、1991年)、324頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 吉野川 鮎喰川 牛島堤防決潰 林家記録
NO.
徳島1849

よく似た災害

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月9日、牛島堤防決潰。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)7月8日、台風による洪水のため、中島堤防が決壊し、流失家屋13戸、死者19人。(仁淀川の主な洪水の歴史による) 続きを読む

明治23年9月の洪水

明治23年(1890)9月11日、台風により、仁淀川は洪水となり、森山堤防が1,800mにわたって破損した。また、佐川は稀有の大洪水となり、中島堤防が... 続きを読む

明治32年7月の洪水

明治32年(1899)7月8日、台風により、仁淀川は洪水となり、中島堤防が決壊し、13戸流失、流死19人となった。 続きを読む

昭和26年の代之池決潰

昭和26年(1951)7月13日午後1時頃、代之池の堤防が決潰し、浸水家屋6戸、橋梁流失1箇所、河川堤防の決潰250m、田畑の荒廃2町7反などの被害が... 続きを読む