明治17年の洪水

災害年月日
1884年06月28日
市町村
徳島県石井町
災害種類
風水害  
概要
明治17年(1884)8月26日、台風により平島堤決潰。高原西小学校流失。家屋流失数十戸。(「高原村史」による)また、「西覚円外一村会議事録」には、27日午前4時頃から吉野川の水嵩が増して2丈5尺余まで達し越水したが、村民防御の力と天幸により堤防決潰を免れたことなどが記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
石井町史編纂会編「石井町史 下巻」(石井町、1991年)、324頁及び331-332頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 平島堤決壊 高原村史
NO.
徳島1853

よく似た災害

明治28年の洪水

明治28年(1895)9月8日午前8時頃より吉野川及び別宮川の水嵩が増し、午後1時頃からは急に増水し、別宮川の無堤箇所から入水し畑地全体の6歩半が浸水... 続きを読む

明治6年の洪水

明治6年(1873)10月2日、洪水により広島裏の手の堤防及び笹木野北地弁蔵前の堤防が決壊した。洪水防御のため、住吉新田の農民が出役した。 続きを読む

明治40年の洪水

明治40年(1907)7月10日、昨夜来の雨により、重信川大いに出水。午後、牛淵の南堤防決壊し、稲田を流失させたが、多くの人が出て防御して大害にならず... 続きを読む

明治40年の洪水

明治40年(1907)7月10日、昨夜来の雨により、重信川大いに出水。午後、牛淵の南堤防決壊し、稲田を流失させたが、多くの人が出て防御して大害にならず... 続きを読む

明治21年の洪水

image

明治21年(1888)、洪水により、西覚円の堤防300間が決壊した。吉野川の防御工事の必要性について議論百出したが、結果として国庫により着工したばかり... 続きを読む