明治25年7月の台風

災害年月日
1892年07月23日
市町村
徳島県石井町
災害種類
風水害  
概要
明治25年(1892)7月23日、暴風雨のため高畑堤(鍛治塚堤)決潰、高畑村竜蔵堤の西端決潰、その決潰の箇所より幅40間、深さ3間、長さ30~40間純然たる小川となり、その下は広く田圃の間を流れて飯尾川に注ぐ。(「徳島日々新聞」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
石井町史編纂会編「石井町史 下巻」(石井町、1991年)、325頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 高畑堤 竜蔵堤 堤防決潰 徳島日々新聞
NO.
徳島1861

よく似た災害

明治30年の洪水

明治30年(1897)9月29日、大風雨、洪水、高畑村の鍛治塚堤決潰(60間)、堤外にある民家十数町も押し流された。(「徳島日々新聞」による) 続きを読む

明治21年7月31日の洪水

明治21年(1888)7月31日、午前11時過ぎ西覚円村新堤決潰。その個所は本年新たに築きたる新堤接続の所より崩壊。(「普通新聞」による) 普通新聞は... 続きを読む

明治23年の豪雨

明治23年(1890)7月1日から4日にかけて、低気圧が瀬戸内海に停滞し、1日から連続降雨となり、3日県下は豪雨となった。米凶作、米価値上がり。 続きを読む

明治25年の杖追の崩壊

明治25年(1892)7月25日午前3時頃、川上村大字小川の杖追が崩壊して、海部川を堰き止めた。堰き止めにより、小川では川沿いの低地にあった家々と小川... 続きを読む

明治3年の台風

明治3年(1870)9月9日、大暴風、吉野川、鮎喰川氾濫し大洪水となる。牛島堤防が決潰。林基茂自宅床上3尺。(「林家記録」による) 続きを読む