昭和46年の台風23号

災害年月日
1971年08月30日
市町村
徳島県那賀町(鷲敷町)
災害種類
風水害  
概要
昭和46年(1971)8月30日、室戸に上陸した台風23号は、午前8時頃から徳島県南部地方に豪雨をもたらし、鷲敷町では和食東町を中心に大正7年の大洪水以来の水害をこうむった。こうした中で、出水の状況が異常であり、水害の原因は長安口ダム操作の過失による人災であると主張する被災者は、昭和50年(1975)5月20日に国と県を相手に損害賠償の民事訴訟を起こした。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鷲敷町誌編纂委員会編「鷲敷町史」(鷲敷町、1981年)、884-896頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 和食東町 長安口ダム ダム管理 水害訴訟
NO.
徳島1862

よく似た災害

昭和46年の台風23号

image

昭和46年(1971)8月30日の台風23号により発生した鷲敷町の水害について、水害の原因が長安口ダム操作の過失であると主張する被災者が昭和50年(1... 続きを読む

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月8日から13日にかけて、台風17号により大雨が降った。高知地方気象台によると、平年の年間雨量の約半分が6日間に降ったという。... 続きを読む

昭和62年の台風19号

昭和62年(1987)10月、台風19号により、三木町は大きな被害を受けた。警察官は、香川県に災害はないと思っている人が多いため、一旦災水害が起きると... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)3月~6月、霖雨による不作のため、大飢饉。(「松山叢談」による)高田寺谷の光徳院の過去帳によると、享保16年の死者23人が享保1... 続きを読む

明治3年の風雨

明治3年(1870)9月、風雨、8日出水。古老伝によると、嘉永2年(1849)以来の洪水であったが、嘉永2年に比較すると1、2尺ほど低かったようである... 続きを読む