明治29年の台風

災害年月日
1896年08月18日
市町村
徳島県石井町
災害種類
風水害  
概要
明治29年(1896)8月18日、暴風雨のため、浦庄村下浦尋常小学校が全潰。(「普通新聞」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
石井町史編纂会編「石井町史 下巻」(石井町、1991年)、325頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 下浦尋常小学校 普通新聞
NO.
徳島1865

よく似た災害

明治22年の台風

明治22年(1889)9月11日~12日、暴風雨のため石田尋常小学校校舎が倒壊。(高松気象台の資料による) 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日の夜の暴風雨のため11日出水、石井・城の内・高川原・白鳥の諸村被害。(「普通新聞」による) 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日、大暴風雨により、農作物、船舶、人畜の被害甚大。(「八幡浜町誌」による)また、合田浦の共修小学校が流失。(「舌田小学校... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)9月8日午前6時頃から風雨が強くなり、8時には猛烈な風となった。この暴風雨により、室津港開港時に植え付けた大松は無惨にも根元から... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月、風勢が猛烈な台風のため、戸外の通行は全然できなかった。被害は全壊66戸、半壊36戸、大破725戸、その他付属建物600余棟... 続きを読む