大正元年の台風

災害年月日
1912年09月23日
市町村
徳島県石井町
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月23日、暴風雨のため吉野川大洪水。(「徳島毎日新聞」による)徳島毎日新聞には、吉野川と飯尾川の氾濫がひどく、北井上村あたりでは全村水底3日3晩にわたり、屋根の上で水が引くのを待ったことが伝えられている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
石井町史編纂会編「石井町史 下巻」(石井町、1991年)、326-327頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 吉野川 飯尾川 北井上村 徳島毎日新聞
NO.
徳島1879

よく似た災害

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日、夜来の豪雨により、吉野川をはじめ那賀川、勝浦川は大増水した。(徳島日日新報による)/「板野郡誌」によれば、水かさは田の... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日、吉野川は洪水で、板野郡誌によると、撫養署の調査では「水かさは田地面の上1丈で潮水の浸入は5尺」というから、下板地方が洪... 続きを読む

明治42年の洪水

明治42年(1909)9月20日、吉野川筋増水、1丈5尺増水し、渡船止まる。船橋流される。(「徳島毎日新聞」による) 続きを読む

大正12年の落雷

大正12年(1923)8月17日午後4時40分、三縄村で大雷雨あり、四宮神社に落雷した。(「徳島毎日新聞」による) 続きを読む

大正4年の洪水

大正4年(1915)9月8日、台風のため水稲被害。反収1石1斗1升、明治22年以来の低記録となる。(「徳島毎日新聞」による) 続きを読む