明治17年の台風

災害年月日
1884年08月26日
市町村
徳島県吉野川市(鴨島町)
災害種類
風水害  
概要
明治17年(1884)8月26日、暴風雨により、江川はふくれあがった吉野川の濁水で区別できなくなり、名西郡高原西小学校が流出したほどであった。このため、農作物は大被害を受け、米麦の価格が高騰して人々は大変困窮した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鴨島町教育委員会編「鴨島町誌」(鴨島町教育委員会、1964年)、892-893頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 江川 吉野川 高原西小学校
NO.
徳島1919

よく似た災害

明治19年の台風

明治19年(1886)8月21日より9月24日まで、数回の暴風雨により、諸作物は損傷し、中でも稲作は皆無となった。家屋の倒壊・半潰は無数であり、倒壊は... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日、大暴風雨、波浪により、家屋、舟、護岸、農作物の被害甚大。合田浦の共修小学校が流失。(愛媛県誌稿、八幡浜町誌、舌田小学... 続きを読む

明治25年の洪水

明治25年(1892)9月、徳島県下で大雨、諸川洪水。徳島市川内町などでは津波が護岸堤防を乗り越え、高さ2mで猛烈に襲い、樹木はほとんど枯死、作物は腐... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)8月23日午前11時から翌24日午前4時まで、台風が猛威を振るった。この台風により、完成したばかりの羽根尋常高等小学校の2棟が倒壊... 続きを読む

明治19年8月の洪水

明治19年(1886)旧7月21日、大風雨となり、22日には中村近辺では大高水により家数30軒程が流れ、また京町辺りではたいがい座敷より上に4尺5寸上... 続きを読む