明治30年の洪水

災害年月日
1897年10月01日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
風水害  
概要
明治30年(1897)10月1日、吉野川は未曾有の洪水となり、脇町で5戸、岩倉で4戸が流出した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 下巻」(脇町、2005年)、673頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 吉野川 脇町 岩倉
NO.
徳島1951

よく似た災害

明治18年の洪水

明治18年(1885)6月29日から降り出した雨は豪雨となり、30日には吉野川が氾濫、脇町の新馬場から西の助松あたりまでの民家3戸が軒下まで浸水、家族... 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)9月8日午後2時頃、吉野川の増水で脇町の堤防35mが破損した。この時の豪雨で、曽江山でも堤防360mが損壊、拝原の道路30mが破... 続きを読む

元禄14年の洪水

元禄14年(1701)、洪水により、舞中島では全戸が流出した。 続きを読む

明治6年の洪水

明治6年(1873)、出水により、樋門が流出した。 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月20日夜半から降り出した台風10号に伴う雨は、21日朝から強くなり、同日夜半まで続いた。21日午後3時20分、脇町と別所など... 続きを読む