明治32年の洪水

災害年月日
1899年09月08日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)9月8日午後2時頃、吉野川の増水で脇町の堤防35mが破損した。この時の豪雨で、曽江山でも堤防360mが損壊、拝原の道路30mが破損、岩倉では人家3棟が倒壊した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 下巻」(脇町、2005年)、673頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 吉野川 堤防決壊
NO.
徳島1952

よく似た災害

明治29年8月の台風

明治29年(1896)8月30日の暴風雨で、阿讃山脈南斜面の降雨量は132ミリとなり、大谷川が氾濫、午前4時頃、現在の役場付近から南へ約540mの堤防... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日午後からの暴風雨で、本町・島口地域では床上1mも浸水する家屋が続出、猪尻村、拝原村で各1戸、北庄村で2戸、曽江山村で8... 続きを読む

明治29年9月の洪水

明治29年(1896)9月11日、大谷川で堤防120mが破れ、人家5戸が流失した。 続きを読む

明治11年の洪水

明治11年(1878)9月の洪水により、西原の通称天狗鼻以西、古庄村境までの120間余の堤防が決壊し、耕地は一面荒地となった。特に大京原の人家は数多く... 続きを読む

明治42年9月の洪水

明治42年(1909)9月、洪水のため長崎と長州口の県道が損壊し、修復した。 続きを読む