昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月04日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
風水害  
概要
昭和51年(1976)9月4日に発生した台風17号は13日午前1時40分頃長崎に上陸、同日午前9時には浜田の西方100km付近に進み、北上した。この台風で前線が刺激され、県下では約7日間雨が降り続き、吉野川に注ぐ各河川が氾濫、井口谷川の別所浜橋が流失、農地391箇所、農業用施設381箇所などに4億919万円という被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 下巻」(脇町、2005年)、679-680頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 前線
NO.
徳島1963

よく似た災害

平成2年の台風19号

平成2年(1990)9月20日、県南沖をかすめ和歌山県に上陸した台風19号のため、午前0時半頃、井口谷川の井口谷橋が橋脚の洗掘により沈下した。また、午... 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月13日、台風12号に伴い、朝から15mの強風が翌14日午前12時まで吹き続け、雨も12日午後から14日午前10時頃まで降り続... 続きを読む

明治32年の風雨

明治32年(1899)8月28日、大雨が降り、風が強かった。香川県では中央部で被害が最も大きく、河川の堤防決壊13箇所、破損90箇所に及んだ。被害は丸... 続きを読む

昭和40年の台風24号

昭和40年(1965)9月13日、台風24号により、貞光川(一宇川)が一宇村赤松で洪水となった。徳島市津田町では園瀬川が氾濫した。鳴門市大麻町では樋殿... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日~12日の台風17号により、5日間の降水量は三反地で603ミリ、鈍川木地で1,001ミリを記録した。山崩れ、地すべりが続... 続きを読む