明治25年の火災

災害年月日
1892年01月20日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
火災  
概要
明治25年(1892)1月20日午後4時頃、岩倉新町の民家から出火、西風にあおられ、脇町新町に延焼、合計13戸が全焼した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 下巻」(脇町、2005年)、693頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 岩倉新町 脇町新町
NO.
徳島1991

よく似た災害

元治元年の火災

元治元年(1864)、加茂の稲持から出火し、強い西風にあおられて、貞広、金川まで延焼し、20数戸が焼失したと言われている。(伊原正市談による) 続きを読む

明治28年の火災

明治28年(1895)1月21日午前4時20分頃、新町橋筋より出火、東新町、西新町に延焼し、住宅47戸、土蔵3棟を全焼、住宅6戸を半焼し、午前8時に鎮... 続きを読む

享保12年2月1日の大火

享保12年(1727)2月1日午の下刻(午後1時)、小高坂越前町から出火し、西風にあおられて数条に分かれ、一手は城郭を全焼して永国寺町に及び、一手は尾... 続きを読む

明治40年9月の火災

明治40年(1907)9月夜、本町東南角の裏から出火し、雨上がりの西風で東に延焼し、類焼約15戸。 続きを読む

享保12年の火災

享保12年(1727)2月1日午の下刻(午後1時)、越前町から出火し、西南の烈風にあおられ、火は数條に分かれて東方に延び、高知城では三の丸、二の丸、本... 続きを読む