明治18年の台風

災害年月日
1885年07月01日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
風水害  
概要
明治18年(1885)7月1日、中心気圧980hp以下の台風が紀州南端に接近し、2日6時佐渡付近に達した。脇町付近は数日前から雨が続いた。曽江谷川の洪水は激しく、茶園岳が崩壊して1人が死亡した。崩土によって一時的に川が堰き止められ、あふれた水は茶園地域に流れ込んだ。洪水は車屋に庭に達し、川に近い家は衝撃的に浮上したと伝わる。(「普通新聞」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 上巻」(脇町、1999年)、183頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 曽江谷川 死者 堰き止め 普通新聞
NO.
徳島2007

よく似た災害

昭和62年の台風19号

昭和62年(1987)10月16日~17日に、台風19号は四国を直撃した。高松市では、新川が東山崎橋付近で2箇所決壊し、あふれた水は東山崎町周辺の団地... 続きを読む

明治18年の茶園岳の大崩壊

image

明治18年(1885)6月、吉野川支流曽江谷川本流の通称茶園の大崩壊で、上流7.3kmに及ぶ洪水を一時せき止め、その後せき止めた土砂が決壊しため下流一... 続きを読む

明治20年の山崩れ

明治20年(1887)10月7日、末家(ずや)の山林約6町歩が崩壊し、杉その他の樹木が横倒れのまま井内谷に流れ出て、そのため谷水を堰き止め、田地にあふ... 続きを読む

明治25年の保瀬の崩壊

image

明治25年(1892)7月25日、豪雨が海部川上流や那賀川上流を襲ったため、保瀬で大崩壊(土量約200万立米)が起こり、海部川の水を堰き止めた。このた... 続きを読む

明治25年の杖追の崩壊

明治25年(1892)7月25日午前3時頃、川上村大字小川の杖追が崩壊して、海部川を堰き止めた。堰き止めにより、小川では川沿いの低地にあった家々と小川... 続きを読む