明治25年の台風

災害年月日
1892年07月23日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
風水害  
概要
明治25年(1892)7月23日、中心気圧977hpの台風が高知市付近に上陸し、北へ進んで日本海に通り抜けた。雨量が多く、特に吉野川の洪水は記録的なものであった。(高磯山崩壊をもたらした台風である。)台風の通過後も前線が残り、22日から25日までの雨量は脇町で400ミリに達したのではないかを推定される。美馬郡の被害は、浸水田畑1,100戸、道路堤防の破損28.4km、橋の流失124m、船の流失16隻であった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 上巻」(脇町、1999年)、184頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 吉野川
NO.
徳島2008

よく似た災害

明治44年の台風

明治44年(1911)8月15日、台風が九州南部から四国西部を経て鳥取県に通り抜けた。15日~16日の2日間の雨量は脇町で187ミリであったが、高知県... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日、中心気圧933hpの台風が室戸岬付近から徳島県東部を経て阪神方面に通り抜けた。脇町付近に最も接近したのは22日夜半頃で... 続きを読む

明治27年の台風

明治27年(1894)9月11日、台風が宮崎の海岸から米子付近に抜けた。この台風襲来に先立ち、吉野川流域に10日午前に大雷雨があり、徳島では6時から1... 続きを読む

明治27年の台風

明治27年(1894)9月11日、台風が宮崎の海岸から米子付近に抜けた。この台風襲来に先立ち、吉野川流域に10日午前に大雷雨があり、徳島では6時から1... 続きを読む

明治27年の台風

明治27年(1894)9月11日、台風が宮崎の海岸から米子付近に抜けた。この台風襲来に先立ち、吉野川流域に10日午前に大雷雨があり、徳島では6時から1... 続きを読む