明治44年の台風

災害年月日
1911年08月15日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
風水害  
概要
明治44年(1911)8月15日、台風が九州南部から四国西部を経て鳥取県に通り抜けた。15日~16日の2日間の雨量は脇町で187ミリであったが、高知県の山間部の雨量が特に多かったので、吉野川の洪水は特に激しく脇町では平常水位より11m高くなった。土佐水として代表的なものである。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 上巻」(脇町、1999年)、184頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 吉野川 土佐水
NO.
徳島2009

よく似た災害

明治25年の台風

明治25年(1892)7月23日、中心気圧977hpの台風が高知市付近に上陸し、北へ進んで日本海に通り抜けた。雨量が多く、特に吉野川の洪水は記録的なも... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)6月24日より7月2日まで降雨なく、日差しが特に激しかったので、7月16日各村連合大焚火雨乞いをした。 続きを読む

明治44年の洪水

明治44年(1911)8月16日の吉野川の洪水は「土佐水」と呼ばれる第一級の洪水であり、農作物の収穫は皆無に等しかった。 続きを読む

明治29年の台風

明治29年(1896)8月30日、暴風雨により午後4時頃から10時頃まで最も激しい豪雨となった。特に南方山岳部の雨量が多く、大小諸川は氾濫して、堤防、... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、中心気圧912hpの台風が室戸岬の西に上陸し、県東部、神戸を経て若狭湾に通り抜けた。脇町に最も接近したのは4時頃である... 続きを読む