昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年09月21日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)9月21日、中心気圧912hpの台風が室戸岬の西に上陸し、県東部、神戸を経て若狭湾に通り抜けた。脇町に最も接近したのは4時頃である。脇町の雨量は171ミリであったが、それが強風とともに短時間に降ったので非常に激しい暴風雨となり、被害も大きかった。この頃まで有名だった高名樹はこの時みな倒れた。美馬郡の被害は、死者3人、家屋全壊57戸、家屋半壊41戸、家屋流失8戸、床上浸水148戸、床下浸水154戸であった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 上巻」(脇町、1999年)、185頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
室戸台風 死者
NO.
徳島2012

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風による県下の被害は未曾有であった。土佐山田町でも電線、道路、家屋の倒壊、人的被害も大きかったが、具体的な資料は... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日午前4時半頃、室戸台風は奈半利町加領郷付近に上がり、室戸岬測候所では風速66mで、世界的記録の大暴風であった。その時、満... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が来襲し、板野郡内では死者4人、負傷者30人、家屋の全壊356戸、半壊351戸、流失25戸、床上浸水1,644... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日5時10分、台風が室戸岬を通った時、最低気圧は684.0ミリという空前の最低記録となった。被害は台風通路の東部の海部郡、... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日5時10分、台風が室戸岬を通った時、最低気圧は684.0ミリという空前の最低記録となった。被害は台風通路の東部の海部郡、... 続きを読む