承徳2年の台風

災害年月日
1098年09月05日
市町村
徳島県吉野川流域
災害種類
風水害  
概要
承徳2年(1098)8月8日、暴風雨により阿波一面の洪水となり、この時八田村破れて一の島となる。(「麻植氏系譜」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
半田町誌出版委員会編「半田町誌 上巻」(半田町、1985年)、1061頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 麻植氏系譜
NO.
徳島2049

よく似た災害

承徳2年の洪水

image

承徳2年(1098)、大洪水により、北を流れていた流路が岩津を切り離す。また、阿波郡粟島(善入寺島)が南岸の川島・鴨島より切り離されて島となる。(吉野... 続きを読む

明治26年の水論

明治26年(1893)6月・7月の干天により用水不足となったため、下流の村々から八田村に対して水車用堰の撤去を求めた。しかし、八田村が応じなかったため... 続きを読む

承徳2年の洪水

image

承徳2年(1098)、洪水により、善入寺島はそれまで地続きであった吉野川南岸から切り離されたと言われている。(宮崎淳) 続きを読む

承徳3年/康和元年の地震

承徳3年(1099)1月24日、紀伊半島沖を震源とするM8.6の大地震により、奈良の興福寺の西金堂は小破し、大阪の天王寺にも被害が出た。この地震で高知... 続きを読む

承徳3年/康和元年の地震

承徳3年/康和元年(1099)1月24日、紀伊半島沖を震源とするM8.6の大地震により、奈良の興福寺の西金堂は小破し、大阪の天王寺にも被害が出た。この... 続きを読む