寛政4年の洪水

災害年月日
1792年09月12日
市町村
徳島県つるぎ町(半田町)
災害種類
風水害  
概要
寛政4年(1792)7月26日、未曾有の大水により、小谷山の樵木数石流れる。松生持宝院の下屋敷一円を荷揚場としていたが、残らず流れ損ず。吉野川より逆流し、村人数百人残らず拾いがたく。座上2尺8寸。(「兵助日記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
半田町誌出版委員会編「半田町誌 上巻」(半田町、1985年)、1063頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 兵助日記
NO.
徳島2085

よく似た災害

昭和3年の洪水

昭和3年(1928)8月30日、吉野川は大洪水となったが、大正15年(1926)に吉野川改修工事が完成していたため、堤防決壊を免れ被害少し。 続きを読む

明治17年6月の洪水

明治17年(1884)6月28日、吉野川で洪水。吉野川の調査に来ていたヨハネス・デ・レーケがこの洪水に遭遇している。 続きを読む

昭和3年の洪水

昭和3年(1928)、吉野川は大洪水であったが、高知にはあふれ出ない洪水であった。前年に吉野川の第一期改修の堤防が完成していた。 続きを読む

永正9年の津波

image

永正9年(1512)8月、大津波が襲来し、宍喰浦中が残らず流出した。城山(愛宕山)に上った人は数十人であった。南橋より向こうの町(正梶地区)は残らず流... 続きを読む

天明7年の洪水

天明7年(1787)4月23日から27日まで大水、中須賀、その余の島の芋、秋毛残らず流失。(「兵助日記」による) 続きを読む