天保5年の台風

災害年月日
1834年09月07日
市町村
徳島県つるぎ町(半田町)
災害種類
風水害  
概要
天保5年(1834)8月5日~6日、暴風雨により一軒吹き倒れ、桐の木多く吹き倒れる。(「兵助日記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
半田町誌出版委員会編「半田町誌 上巻」(半田町、1985年)、1063頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 兵助日記
NO.
徳島2103

よく似た災害

天保5年の洪水

天保5年(1834)8月6日朝5ツ時より雨が降り出し、昼7ツ時より暮6つ時半まで大洪水。半田村で1軒風で倒れ、大樹、桐の木多数倒れる。(半田町の「兵助... 続きを読む

天保6年7月6日の風雨

天保6年(1835)7月6日朝5ツ時より雨風吹き出し、正8ツ時まで風雨。(「兵助日記」による) 続きを読む

天保10年の台風

天保10年(1839)8月9日を中心に、岩倉地方を大風が襲ったことが「兵助日記」に記されている。岩倉村では強風が吹き荒れ、特に井口谷左岸に位置する別所... 続きを読む

天保6年の洪水

天保6年(1835)7月、洪水。(「兵助日記」による) 続きを読む

天保5年の洪水

天保5年(1834)8月、大洪水。(「兵助日記」による) 続きを読む