天保7年の長雨

災害年月日
1836年07月31日
市町村
徳島県吉野川流域
災害種類
風水害  
概要
天保7年(1836)6月18日~7月8日、長雨により大凶作。(「吉野川」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
半田町誌出版委員会編「半田町誌 上巻」(半田町、1985年)、1063頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨
NO.
徳島2106

よく似た災害

天保7年5月~8月の長雨・低温

天保7年(1836)5月、長雨が続いた。梅雨期には雨が少なかったが、6月の土用入り頃から雨天と冷夏が続いた(大洲領)。夏以来、天候不順、多雨により大凶... 続きを読む

天保7年の長雨

天保7年(1836)6月から8月にかけて長雨のため大凶作。飢饉により今治藩より下渡米の下付を受けた。 続きを読む

天保11年の長雨

天保11(1840)7月、長雨により大井社で止雨祭。(「加茂社記」による) 続きを読む

天保2年の長雨

image

天保2年(1831)3月、長雨により止雨祭。(「加茂社記」による) 続きを読む

天保14年の長雨

天保14年(1843)、長雨により稲苗腐る。(「加茂社記」による) 続きを読む