天保7年の洪水

災害年月日
1836年08月17日
市町村
徳島県阿南市(羽ノ浦町)
災害種類
風水害  
概要
天保7年(1836)7月6日、洪水により万代堤が450間にわたり破損した。吉田宅兵衛は土工事業の総押さえ元締めとなり、10月に起工し、翌8年4月落成。この時、堤位置を変更し、広瀬堤防は上下2箇所となる。(「趣味の郷土羽ノ浦町」による)
地理院地図
Googleマップ
備考
北岸堰の北側に万代堤の碑が建立されている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
羽ノ浦町誌編さん委員会編「羽ノ浦町誌 地域編」(羽ノ浦町、1994年)、539頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 吉田宅兵衛 万代堤
NO.
徳島2131

よく似た災害

天明7年の那賀川の洪水

天明7年(1787)秋、那賀川で大洪水があり、中野島地方は惨禍を被った。特に北岸地方は大被害を受け、古毛・明見・岩脇・古庄・西原・高田の七か村組合で受... 続きを読む

大正13年の干ばつ

image

大正13年(1924)の夏は空梅雨で、7月に入っても一滴の雨もなく、池は涸渇し飲料水にも事欠く状況であった。このため、新池築造を待望する農民の活動は活... 続きを読む

明治27年・28年の干ばつ

image

明治27年(1894)と明治28年(1895)、干ばつが激しく、大野原村は土地が高燥であるため、殊に被害が甚だしかった。このため、大貯水池築造の計画が... 続きを読む

天保7年の洪水

image

天保7年(1836)7月6日、洪水により万代堤が長さ450間(815m)余破損した。藩から観農普請奉行が派遣され、古毛村の組頭庄屋吉田宅兵衛を修築土木... 続きを読む

天保11年の豪雨

天保11年(1840)5月10日、豪雨により野根の別役川流域の五代が崩壊し、野根山街道が決壊した。この時、完成したばかりの長峰用水も損壊した。なお、野... 続きを読む