慶応元年の洪水

災害年月日
1865年06月22日
市町村
徳島県つるぎ町(半田町)
災害種類
風水害  
概要
慶応元年(1865)5月29日、出水、椋の木の根元まで入る。また、中塚東地、南地残らず入る。(「堺屋記録」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
半田町誌出版委員会編「半田町誌 上巻」(半田町、1985年)、1066頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 中塚 堺屋記録
NO.
徳島2157

よく似た災害

元治元年の洪水

元治元年(1864)5月21日、出水、中塚残らず入る、椋の木の枝1尺下まで入る。(「堺屋記録」による) 続きを読む

文久3年7月の洪水

文久3年(1863)7月3日、出水、中須賀残らず入る。7月14日、出水、中塚東の地、南の地みな入る。(「堺屋記録」による) 続きを読む

慶応4年の洪水

慶応4年(1868)8月1日~2日、大水、中須賀残らず入る。(「堺屋記録」による) 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)7月1日、前代未聞の大水、中須賀残らず入る。(「堺屋記録」による) 続きを読む

明治3年の洪水

明治3年(1870)9月7日~9日、大水、中塚残らず入る。大痛み、当半田島全部入る。(「堺屋記録」による) 続きを読む