明治21年の台風

災害年月日
1888年11月20日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
明治21年(1888)11月20日、台風が四国に上陸、本州を縦断して太平洋に抜ける。(「徳島県史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
半田町誌出版委員会編「半田町誌 上巻」(半田町、1985年)、1067頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
徳島2177

よく似た災害

昭和24年のデラ台風

昭和24年(1949)6月21日、梅雨前線が北上して太平洋に降らせた雨に、九州を縦断して日本海に入ったデラ台風の雨が加わった。那賀川北岸の堤防が決壊し... 続きを読む

昭和55年の台風13号

昭和55年(1980)9月11日7時50分、台風13号が鹿児島県大隅半島の佐多岬に上陸し、九州を縦断した。徳島での最大瞬間風速は36.5mを記録し、豪... 続きを読む

昭和54年の台風20号

昭和54年(1979)10月19日、紀伊半島から本州を縦断した台風20号、県道石井・神山線でがけ崩れ。(「徳島新聞」による) 続きを読む

昭和55年の台風13号

昭和55年(1980)9月11日、台風13号が九州を縦断した。家屋浸水が起こった。 続きを読む

明治21年8月の台風

明治21年(1888)8月30日、台風が徳島県を通って日本海を縦断。徳島県の被害は死者51人、全潰2,862戸、半潰989戸。(「日本気象災害年表」に... 続きを読む