大正4年の台風

災害年月日
1915年10月08日
市町村
徳島県つるぎ町(半田町)
災害種類
風水害  
概要
大正4年(1915)10月8日、台風による大洪水、西からの風で稲全滅に近い被害(9.74m増水)。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
半田町誌出版委員会編「半田町誌 上巻」(半田町、1985年)、1068頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 吉野川
NO.
徳島2208

よく似た災害

大正4年のから風

大正4年(1915)、西のから風で稲全滅に近かった。 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)秋、暴風雨により、開花期の稲作が全滅に近い被害を受けた。 続きを読む

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)6月から8月21日にかけて、大干ばつで農作物に大被害。特に米、甘藷全滅に近し。 続きを読む

明治18年の台風

明治18年(1885)、秋稲の開花期に台風が襲来し、人家は壊れ、塩分を含んだ雨のため、城辺地区の稲は全滅に近い被害を受けた。僧都川が氾濫し、中町、古町... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)、秋稲の開花期に台風が襲来し、人家は壊れ、塩分を含んだ雨のため、城辺地区の稲は全滅に近い被害を受けた。僧都川が氾濫し、中町、古町... 続きを読む