昭和34年の伊勢湾台風

災害年月日
1959年09月27日
市町村
徳島県つるぎ町(半田町)
災害種類
風水害  
概要
昭和34年(1959)9月27日、台風15号(伊勢湾台風)、吉野川出水(4.90m増水)。曽我谷大師堂と本尊が吹き倒される。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
半田町誌出版委員会編「半田町誌 上巻」(半田町、1985年)、1070-1071頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
伊勢湾台風 洪水 吉野川
NO.
徳島2269

よく似た災害

寛政4年の台風

寛政4年(1792)7月26日、大風が吹き、盛村で7、8軒吹き倒された。 続きを読む

安政4年の台風

安政4年(1857)7月1日、大風により鐘堂、民家が吹き倒される。(「教法寺過去帳に見る幕末の世情」による) 続きを読む

徳治2年の洪水

徳治2年(1307)6月中旬、那賀川で大洪水があり、和食の無量院加藍と本尊が流亡した。おそらく吉野川にも動揺の大洪水があったと想像される。 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月、伊勢湾台風により、都呂は大災害に見舞われた。高潮で海岸が激浪に洗われ、家屋が多数倒壊し、死者2人を出し、漁船の流出・大破3... 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月25日~27日、台風15号(伊勢湾台風)により、県下で死者2人。中山町でも被害があったと思われる。 続きを読む