慶応2年の洪水

災害年月日
1866年09月09日
市町村
徳島県美馬市(穴吹町)
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)8月1日からの大風雨により、谷々は言うに及ばず吉野川の増水はひとしおで人々は肝を冷やしたという。寅の水、または七夕水と呼ばれる。(「三好郡誌」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
穴吹町誌編さん委員会編「穴吹町誌」(穴吹町、1987年)、601頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 寅の水 七夕水
NO.
徳島2307

よく似た災害

文化12年の洪水

文化12年(1815)7月、物部川で「亥の大変」と呼ばれる大災害があり、山田堰下流の両岸はほとんど決壊したという。 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)7月10日~11日、大風雨。阿房水と呼ばれる。(「三好郡誌」による) 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)7月、昼間土居では7、8尺の所にある梨の木に船をつなぐという前段未聞の大水となった。寅の水と言われる。(「三好町誌」による) 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月1日より7日までの霖雨により、7日夕には大水となった。阿波国内の河川はことごとく未曾有の大氾濫となり、ほとんど各郡が浸水し、人... 続きを読む

天和元年の洪水

天和元年(1681)8月16日、大風雨、洪水により、稲作をはじめ農作物の被害は大きく、水死者は100人を越えたという。辛酉(しんゆう)の洪水と呼ばれて... 続きを読む