昭和37年の大雪

災害年月日
1962年12月00日
市町村
徳島県つるぎ町(貞光町)
災害種類
雪害  
概要
昭和37年(1962)12月末より翌38年(1963)3月末まで、大雪が断続的に降り続き、麦作では根腐りや発育障害が相次いで起こった。被害は本町作付面積の約半分の230haに及び、その後の長雨にもより、平年収穫量の10%という未曾有の大被害を被った。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
貞光町史編集委員会編「貞光町史」(貞光町、1965年)、1108-1109頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
徳島2322

よく似た災害

昭和37年の大雪

昭和37年(1962)12月末より翌38年(1963)3月末まで、大雪が断続的に降り続き、麦の根腐りや発育障害が相次いで起こった。被害は作付面積の約半... 続きを読む

昭和40年の台風24号

昭和40年(1965)9月13日~17日、台風24号が室戸岬の南海上に接近し、四国南岸の前線を刺激したため、県下全域に記録的な大雨が降った。引田町の雨... 続きを読む

昭和44年の大雪

昭和44年(1969)3月13日、前年を上回る大雪となった。県下の積雪は20~40cmとなり、交通機関は完全にまひし、4万2,000戸が停電した。商店... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)5月から7月にかけて、雨がなし。岡山山田地区ではため池に水がないので、作付を耕作反別の半分に制限すべしとの声もあったが、無理をし... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、丸亀市の沈下量は約37cmに及び、地震による破壊家屋5戸に対して、沈下による浸水家屋は345戸に達... 続きを読む