昭和31年の大火

災害年月日
1956年04月20日
市町村
徳島県つるぎ町(貞光町)
災害種類
火災  
概要
昭和31年(1956)4月20日午後7時15分頃、駅前通りより出火し、午後11時頃鎮火した。この火災により、家屋の全焼11戸、半焼1戸、罹災者43人という本町未曾有の被害を出した。この大火には災害救助法が適用された。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
貞光町史編集委員会編「貞光町史」(貞光町、1965年)、1111頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大火 災害救助法
NO.
徳島2325

よく似た災害

昭和9年の大火

昭和9年(1934)8月28日午後1時、町の中心商店街から出火し、真夏の渇水期で水の便も悪く、大火となった。近隣町村の消防団の応援を求め、午後10時に... 続きを読む

昭和37年の大雪

昭和37年(1962)12月末より翌38年(1963)3月末まで、大雪が断続的に降り続き、麦作では根腐りや発育障害が相次いで起こった。被害は本町作付面... 続きを読む

昭和25年のジェーン台風

image

昭和25年(1950)9月3日、ジェーン台風は阿南市域中心部を北北東に縦断して大被害を出した。那賀川の古庄ではピーク時流量9,023立米/秒という未曾... 続きを読む

寛政4年の大水

寛政4年(1792)7月26日、未曾有の降雨・出水により、13戸の居宅が流失した。(脇家文書「奉申上覚」による) なお、「兵助日記」では、この大水の水... 続きを読む

昭和17年の大火

昭和17年(1942)11月5日、神田地区で未曾有の大火が発生し、火勢が西に流れ、民家に類焼して5戸11棟を全焼した。 続きを読む