昭和9年の大火

災害年月日
1934年08月28日
市町村
徳島県美馬市(美馬町)
災害種類
火災  
概要
昭和9年(1934)8月28日午後1時、町の中心商店街から出火し、真夏の渇水期で水の便も悪く、大火となった。近隣町村の消防団の応援を求め、午後10時に鎮火した。この火災により、焼失家屋14戸、半焼3戸、罹災者68人を出した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
美馬町史編集委員会編「美馬町史」(美馬町、1989年)、680-681頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大火
NO.
徳島2343

よく似た災害

昭和23年の大火

昭和23年(1948)11月28日午前0時頃、池田町矢塚通から出火、西北風にあおられ、矢塚通両側12棟、総坪数345坪12世帯の家屋を全焼した。損害は... 続きを読む

昭和23年の大火

昭和23年(1948)11月28日午前0時頃、矢塚通りから出火、西北風にあおられて火は燃え広がり、矢塚通り両側12棟、総坪数345坪12世帯の家屋を全... 続きを読む

昭和7年の大火

昭和7年(1932)2月20日午後8時30分、久礼町で出火、強烈な西風のため延焼したが、本町消防組の努力により、須崎、新荘、大野見、上ノ加江、仁井田の... 続きを読む

昭和3年の山火事

昭和3年(1928)2月22日、上八万西谷上方の山林より発火し、西北風にあおられ、八万村内や徳島市内の消防だけでなく、遠くは那賀、勝浦郡の消防隊等の応... 続きを読む

文政8年の大火

文政8年(1825)3月20日正午、椿泊浦で出火し、午後6時に鎮火した。この火事で、泊浦の戸数の半ば117軒が焼失した。(「阿波年表秘録」による) 続きを読む